敏感肌 化粧水

敏感肌でも使える化粧水って!?

そんな時でも使える化粧水をしっかりチェック!!

 

 

肌トラブルの代表格とも言える敏感肌。
しっかり治したいのにスキンケアをするとヒリヒリ・チクチクなんていうことも珍しくはありません。そんな時にも安心して使える化粧水はどのように選べば良いのでしょうか?とりあえずは使ってみないと分からない…と言えばそれまでですが、試す順番も大切です。自分に合った化粧水をいち早く見つけるためにチェックすべきポイントをまとめました。

 

 

無添加であること

敏感肌とは肌を守る機能が低下している状態です。そこに色々な化学物質を使った化粧水を塗るのは厳禁です。日常の様々な刺激以前に、肌に害のあるものをゴシゴシと塗りたくっているようなものですから…。このように考えると、化学物質を使っていない無添加化粧水であることは必須と言えます。石油系界面活性剤やエタノール、合成ポリマーなど色々な成分がありますが、ひとつひとつチェックしていてはキリがありません。
ALL無添加の化粧水を探しましょう。

 

 

肌修復機能にこだわる

敏感肌は肌のバリア機能が壊れた状態。そうなると、それを修復することができる化粧水が必要ということになります。修復機能について見てみた時にはビタミンCが役立ちます。肌の修復だけではなく、美白効果やニキビ跡を目立たなくしたり色素沈着を改善してくれるのでシミにも効果的。ほとんどの化粧水にビタミンCが配合されていますが、より優れたビタミンCを配合した化粧水がオススメ。『ウチが使っているビタミンCはこんなにすごいんです!!』とアピールしている会社の化粧水が良いかと思います。

 

 

浸透力の罠

化粧水を選ぶ時に、肌へ浸透させることを重視する人は多いと思います。実際に、化粧水を探してみると浸透力をアピールしているものは多いです。『この化粧水…全然浸透しないわ』と悩むのは嫌なので、なるべく肌に馴染む(ように感じる)ものを探そうとするのは自然なことだと思います。

 

しかし、浸透力だけを気にするのは危険です。その理由は、化学物質の中に浸透力を上げるものがあるからです。例えば、界面活性剤。化学物質なので、正確に言えば無理やり浸透させるということになります。この手の浸透は、実は肌のバリア機能をさらに壊すことになりかねないので、浸透させることが逆効果…敏感肌をさらに促進させてしまうという結果になってしまうわけです。

 

敏感肌とクエン酸

美容を気にする女性

敏感肌には内側からの対策も効果的!!

 

肌の表面がヒリヒリしたり湿疹ができたり…。
敏感肌の症状は肌の表面で感じることがほとんどなので、外側からの対策しかできないと思ってしまいがちです。しかし、実際には内側からの対策も効果があるそうで…。

 

一つの方向からの対策よりも、複数からのアプローチをした方が改善する可能性が高くなることを考えると、内側からの対策もしっかりとやっていきたいところです。

 

 

敏感肌にはクエン酸が効果的

敏感肌を内側から改善したいと思った時に効果的なのがクエン酸です。代謝を高めるなど美容・ダイエットに効果的と言われるクエン酸…これが敏感肌に効果を発揮する理由は『抗酸化作用』『ミネラルの吸収』が期待できるからです。

 

抗酸化作用は、肌を酸化させる(錆びさせる)のを防ぐので、老化防止などで見かける言葉ではありますが、敏感肌にも効果が期待できまっす。活性酸素を除去してくれるので、肌の働きを活発にすることができるわけです。ミネラルの吸収については、肌のターンオーバーを正常にすることに役立ちます。血行を促進させることもできるので栄養素を体の細部まで運んでくれるというメリットも…。

 

 

敏感肌の原因は、肌バリアを壊す化粧品を使うことが影響していると言われていますが、日々の生活においても、強い日差しに照らされることや、エアコンの効いた部屋に長時間いることで角質層の水分が蒸発してしまうことも原因のひとつ。

 

肌に悪影響を与える原因というのは、そこかしこに転がっているので十分な対策をすることが必須と言えます。
もちろん、外側からの敏感肌対策もお忘れなく…。

 

肌の再生力を強化する意外な要素

肌の再生力を上げよう!!

 

ニキビや黒ずみの目立たないキレイな肌を作るには、日々の努力が大切…。そうなると当然のことながらスキンケアが重要になってくるのは言うまでもないことなのかもしれません。しかしながら、スキンケアが全てを左右するというのもちょっと大げさな表現のようで、その他にも色々な要素が関係してくるようなのです。中にはあれ?と思うような意外なことまで…。

 

そんな意外なもののひとつに音楽が挙げられます。これは寝ている時(もしくは寝る前に聴く)音楽のことで、肌の調子を整えるのに思わぬ効果をもたらしてくれるのだとか…。その理由というのが自律神経に関係してきます。交感神経と副交感神経なんていう言葉を聞いたことがあると思うのですが、これは心を安らげる状態にするのにとても重要です。ストレスが溜まりすぎて交感神経ばかりが活発になった状態はいずれ自律神経失調症などの症状を引き起こすなんて言われているのですが、安らぐ音楽を活用することによって副交感神経への作用を活発にすることができるのだとか…。

 

つまり安らいだ状態で睡眠に入ることができるというわけです。これはお肌のターンオーバーを維持する上でとても大切なこと。肌の再生力は大切…。肌の再生能力を正常なものにすることができれば、当然のことながらお肌もキレイな状態を保つことができるようになります。もちろん、音楽ならば何でもいいというわけではなく、安らげる音楽であることは条件のようです。

 

流行りの音楽というよりもモーツアルトなどのクラシック音楽がオススメなんだそうです。これは3500ヘルツ以上の高周波音やゆらぎ音が含まれているからで、きちんとした根拠があることなんだとか。それ以外でも最近では安眠するために作られた音楽などがありますよね。Youtubeなどでも検索すれば見つけることができるので試してみて損はないと思います。

 

もちろん、これだけで完璧というわけではありません。あくまで一部です。肌そのものをキレイにするためのスキンケアも忘れるべからず…です。