ニキビ改善とビタミンC

にきび改善とビタミンCの関係

ビタミンCを配合した美容液

ワンランク上のビタミンCで美肌美人になろう!!

 

 

ビタミンCがお肌に良い…なんてことは言うまでもないですよね。
しかし、どんなビタミンCが良いのかはあまり考える機会がありません。
配合されていればとりあえずOK…化粧水の宣伝文に『ビタミンC配合』なんて書いていれば、何だか効果がありそうだと思って買ってしまう…と言った感じでしょうか。
ただ、ビタミンCならば何でも効果が同じというわけではありません。

 

ビタミンCには高い抗酸化があり、活性酸素を除去し、皮脂の酸化を防ぐ効果があると言われています。
ニキビの発生に深く関わっているとされる「アクネ菌」が活性酸素を生み出すことを考えると、肌に直接つける化粧水はニキビ改善に欠かせないということになります。

 

しかし、ビタミンCには弱点もあるのです。
まずは安定感に欠けるため、化粧品として品質を保つのが難しいということ。そして、水溶性であるためお肌に浸透させるのが難しいということです。

 

『品質を維持する』『肌へ浸透しやすい』
最低でもこの2つの条件を満たした化粧品を使う必要があるということになります。

 

 

ワンランク上のビタミンC『ビタミンC誘導体』がすごい

にきびのない女性

前途の2つの条件を満たした化粧水…

それは『ビタミンC誘導体』を配合した化粧水です

 

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCの効果はそのままに、肌に浸透しやすく品質が劣化しないように安定性をもたせたもの。従来のビタミンCの弱点を克服したワンランク上のビタミンCと考えて良いのではないかと思います。

 

今までビタミンC配合の化粧水を使ったけど、効果がなかったという人は、試してみる価値ありです。
配合されているビタミンCが浸透力・安定性を無視したものだったのなら、肌にビタミンCを届けることさえできていなかった可能性もあるわけで、それで諦めるのはナンセンスですから。

 

ビタミンCには、他にも美白効果や毛穴引き締めなどメリット満載なので使ってみて損はありませんです。ビタミンCにこだわってみることで、肌をどんどん美しくしましょう。

 

化粧水 浸透しない場合の対処法

スゥ~っと染みこむ化粧水を使えば肌の潤いは取り戻せる

化粧水が浸透しないと悩んでいませんか?

 

 

うるおいのある肌を維持するには化粧水は必須。
そんなことは当たり前で、今の時代洗顔とセットで化粧水を用いる人がほとんどですよね。
(その後、乳液や美容液と言った感じでしょうか…)

 

しかし、化粧水をつけても思うように肌が潤わない…化粧水が肌に浸透している気がしないと感じている人も多いのではないでしょうか。そんなあなたの為に、化粧水を浸透させて肌に潤いをもたらすコツをまとめてみました。

 

浸透しない化粧水はつけていないのと同じ…ただお金を使って化粧水を買って肌に弾かれて終わり…という結果になってしまいます。肌がボロボロなのは化粧水に効果がないのではなく、化粧水の栄養分を肌に届けることができていないからなのかも…ということで、諦めずにもう一度化粧水について見直してみましょう。

 

>> 浸透力の高い化粧水ならコレ!!

 

使っている化粧水は浸透力が高いですか?

浸透する化粧水のイメージ

化粧水を使うかどうかの答えは簡単に出てくるのに、自分の使っている化粧水の浸透力が高いかどうかは答えることができない…。こんな状態ならば、もう一度化粧水の浸透力について考えなおした方がいいかもしれません。

 

肌の潤いを考えた時に重要な成分は”ビタミンC”。
化粧水の説明でもビタミンCについて記載されている商品は多いですよね。

 

  • 皮脂の分泌を自然に抑えることによって肌にニキビができにくくする
  • 肌の修復効果
  • 美白効果
  • ニキビ跡改善
  • シミ・シワ防止

 

ビタミンCにはこれらの効果が期待できると言われています。
それを含んだ化粧水を肌に塗れば肌は潤うはずなのですが思うように行かない…化粧水が浸透していないと感じる部分はここに原因があるのではないでしょうか。
実は、ビタミンCというのは肌が本来持っているバリア機能に阻まれて浸透しにくいという特徴を持っているのです。

 

つまり、ビタミンCを配合している化粧水を使ったからと言って肌が潤うとは限らない。
自分の肌に問題があるわけではなく、化粧水の選び方に問題があるケースが圧倒的に多いというわけですね。

 

 

浸透力のある化粧水ってどんな特徴が!?

ビタミンCのイメージ画像

では、浸透力に優れた化粧水はどんな特徴を持っているのでしょうか。

肌に害のある化学物質が使われていない・無添加であることは当然。
そして、注目すべきはビタミンCの『濃度』『種類』です。

 

 

 

ビタミンCの濃度
例えば、5mlの化粧水を手にとったとして、そのビタミンC濃度を気にする機会なんてないと思います。粗悪な化粧水だと、実はビタミンCが殆ど入ってないなんてこともあり得るのではないかと…。
ですから、化粧水が肌に浸透しないと悩んでいる場合には、ビタミンCの濃度にこだわっている商品を使ってみるのもひとつの選択肢です。

 

 

ビタミンCの種類
ビタミンCと言っても色々な種類があります。具体的には、研究によって肌に浸透しやすいビタミンC誘導体というものが発見されています。さらに、このビタミンC誘導体を敏感肌の人でも使えるようにした成分も…。
単純に『ビタミンC配合』と書かれている商品よりも、どんなビタミンCで浸透力はどんなものなのか…そこまで詳しく説明されている商品を選ぶことで、肌への浸透力にも期待ができます。
潤いを取り戻せる可能性大です。