ダメージなしで白髪を染めるには!?

生え際の白髪染めはどうすればいい?|生え際白髪の問題点と対策

 

白髪の生え際

 白髪を隠したいと思った時に、問題のひとつとして思い浮かぶのが生え際の白髪です。いくら染色力の強い白髪染めを使ったとしても、髪が伸びてきたら、その時点で『白髪発生』なわけですから。

 

通常の白髪染めの使用頻度は、月に1回と言ったところ。髪の毛の伸びる早さは人によって違いますが、1ヶ月で1cm伸びるとも言われているので、常に白髪を隠すというのは難しいです。

 

そんな対策として、一番効果的なのは、生え際だけ染めるということです。髪の毛全体ではなく、部分的な白髪染めならば、それほど手間もかかりません。ただ、これには以下のようなデメリットもあります。

 

 

  生え際は、白髪染めが頭皮に付きそうで、染めにくい

 

  他の部分と色の違いができてムラになりそう

 

  生え際だけなので、美容院にわざわざ行くのは面倒臭い

 

 

髪の毛全体の白髪染めを、美容院でやるにしても、自分でやるにしても、それとは別に部分染めすることで生え際の白髪を目立たなくすることが可能です。ペースとしては月に2回くらいでしょうか。後は、上記の問題を解決するような白髪染めの方法を見つければいい…ということになりますが、個人的な経験から言うと、ヘアーカラートリートメントが一番です。

ヘアーカラートリートメントで生え際の白髪染めも簡単

ヘアーカラートリートメント


生え際の白髪染めにも対応した白髪染めとは、ただ簡単で気軽に染めることができるものとは限りません。染まり具合や、ムラを作らない…など色々な問題がある中でヘアーカラートリートメントはこんな感じです。

 

 

生え際にベッタリつけても大丈夫

 市販の白髪染めを生え際にベッタリとつけるのは躊躇してしまいますよね。あのツンとした臭いが漂うだけで、頭皮に良くないことが素人の私でもわかります。その点、ヘアーカラートリートメントは、髪の毛にベッタリつけても大丈夫です。

 

もちろん、必要以上につける必要はありませんが、頭皮への負担が少ないことを考えると、とても使いやすいと感じることができるわけです。

 

 

ムラになりにくい

 ヘアカラートリートメントは、市販の白髪染めよりも染色力が弱いという特徴があります。なので、髪の毛全体を染める場合には、3日程染める必要があったりするわけで、これはデメリットと言えるかもしれません。
ただ、生え際の白髪を染める場合には、この染色力の弱さをいい感じで活かすことができます。強く染まらないので、ムラにならずに生え際の白髪を染めることができるというわけです(もちろん、極端に違う色にするとさすがにムラになる可能性はあるかもしれませんが…)

 

>> 実際に生え際を染めた時の感想はコチラ

 

 

オススメの商品一覧はコチラ