ダメージなしで白髪を染めるには!?

白髪染め体験談|生え際や気になる所だけ部分染め

LPLPの使用方法

ダメージを気にせず白髪を染めるヘアーカラートリートメントのLPLP…使い始めて3ヶ月以上経ちましたが、最近では慣れてきて『白髪ぼかし』のような部分染めにも適用した使い方をしています。

 

まぁ、LPLPに限らず、ヘアーカラートリートメント呼ばれる類の商品ならば、可能だとは思うのですが…やはり使い慣れたものの方がやりやすい気がします。ちなみに、確認ですが、このヘアーカラートリートメントというのは、市販の白髪染めよりは、染める力が弱いです。なので、最初の3日間くらいは連続して使う必要があります。

 

その後の頻度は、個人差があると思うのですが、私の場合は、週に1回くらいで使っていました。が、最近では髪の毛全体を染めるのではなく、生え際を中心に部分的に染めることの方が多くなってきています。正直、こっちの方が断然ラクなのです!!

 

 

なぜ生え際・部分染めがラクなの!?

ヘアカラートリートメントを使うと、どうして生え際や部分染めがラクだと感じるのか…その理由は、手軽に使えるという点に尽きると思います。これは単純に、使いやすいさという点でもそうですし、髪へのダメージという点においてもそうです。

 

 

  適量を手に取って、白髪の気になる部分に使える

 

  染める力が強すぎないので、ムラになりにくい

 

  髪へのダメージが少ないので、頻度を多くしても大丈夫

 

  洗面台に付着しても、簡単に落ちる

 

 

白髪を染める場合には、白髪が染まるかどうかだけではなく、その手軽さも重要になってきます。そう考えると上記のメリットがあるのは、かなり助かります。髪の毛全体の白髪染めを美容院で数ヶ月に一回やって、部分染めは自分でやる…という選択肢もいいと思います。

 

 

具体的な手順はこんな感じ

生え際・部分染めの方法・手順はこんな感じで、実際にヘアカラートリートメントトを使ってどんな風に部分染めをしているのかというと、上の画像のようにクシにつけて使います。白髪染めは手袋をして髪に揉み込むように使うのが一般的ですが、部分染めであれば、クシで馴染ませるような使い方もできます。

 

 

 ① お風呂に入る前に、クシで気になる部分に付ける

 

 ② 10分程度放置

 

 ③ お風呂でそのまま洗い流す

 

 

これだけで充分です。白髪が気になってくれば、全体につける通常の作業をすればOKです。
(私の感覚だと、全体への使用は2週間に1度程度でいいのではないかと…)

 

 

使う時にも、コームを使って簡単に塗ることができるので、とても簡単です。
手袋をしてもいいですし、手についても石鹸で洗えば落ちるので、気にする必要はありません。
(爪の中に入ると落とすのが面倒になるので、そこだけ要注意です。)

 

 

あくまで、個人的な使い方なのですが、生え際の白髪が気になる人には効果抜群!!白髪の染まり具合は市販の白髪染めや白髪ぼかしより効果があるので、試してみる価値はあると思います。