レフィーネ 泡タイプ

片手で簡単に使えるレフィーネの泡タイプ白髪染め

レフィーネ泡タイプ白髪染め

 

フィーネの白髪染めと言えば、最近はヘッドスパ兼用のヘッドスパトリートメントカラーが人気なのですが、手軽に使える泡タイプも販売されています。泡タイプの白髪染めのメリットは何と言っても使うのが簡単なこと。市販の白髪染めは泡タイプが主流ですが、ダメージ覚悟で使わなければならないのがやっかいなところ。そんな髪へのダメージを避けつつ、泡タイプの白髪染めを使いたい人に、レフィーネの泡タイプ白髪染めは最適です。

 

レフィーネは泡タイプも一味違う

さて、泡タイプの白髪染めについて、市販の白髪染めではダメージが大きいと書きましたが、レフィーネとの違いはどこにあるのか…。それは上記の画像を見れば一目瞭然だと思います。そう…手袋をしていないんです。レフィーネの販売サイトにはシャンプー感覚で使えると書かれていますが、確かに素手で使うことができる商品ならば、それも可能と言えます。

 

レフィーネ泡タイプ使い方

 

市販の白髪染めは、私も以前使っていましたが、手袋なしで使うなんて芸当は怖くてできません。洗面台についた白髪染めが、なかなか落ちずシミになったという経験をした人も多いのではないでしょうか。使いやすさは髪へつける手間もそうですが、部屋が汚れないかどうかということも考えなければいけませんよね。そう考えると、同じ泡タイプでもレフィーネの方が選択肢としては上位にくるのは明白です。

 

 

レフィーネ泡タイプは1回200円

レフィーネ泡タイプのもうひとつのメリットは、1回200円程度で使うことができるということです。まぁ、これは髪の長さや使い方に個人差が出てくるので、一概にそうとは言えない部分があるのですが、150gで3,400円ということを考えると、かなり経済的に節約して使うことができるのではないでしょうか。安心の日本製というのも重要なポイントです。今の白髪染めが面倒だと感じている人は、試してみても損はないと思います。