ダメージなしで白髪を染めるには!?

白髪染めの刺激と臭い

白髪染めの刺激を臭いから判断すると…

 

一度でも市販の白髪染めを使ったことがあるならば、あのツンとした臭いに嫌悪感を抱いた経験があるのではないでしょうか。いかにも髪にダメージを与えそうなあの臭いは、白髪を染めた後も数日間続いてしまいます。

 

最近の白髪染め(市販)は、泡タイプのものが多く、前に比べるとラクに染めることができるようになりましたが、あくまでそれは液ダレなどの染めやすさという点だけの改善。

確かに、液ダレをして洗面所が汚れてしまうと落とすのが大変なので、それはそれでメリットなのですが、髪へのダメージを考えるとあまり意味がありません。

 

 

一方、ルプルプなどのヘアーカラートリートメントは、低刺激をウリにしています。
当然、臭いも市販の白髪染めとは比べ物にならないほど気になりません(無香料です)。

 

臭いはあるにはあるのですが、気になるものではありません。
無香料なので、シャンプーなどの良い香りがするわけではありませんが、染めた翌日には臭いが気にならなくなる程度なので、休日に染めれば人に気づかれることなく使用を続けることができるかと…。

 

 

低刺激であれば、髪へのダメージも抑えることができる

 

前途のように、低刺激であれば臭いも大したことがありませんし、それは髪へのダメージを抑えることにも繋がります。白髪染めの目的は白髪を染めることにありますが、染まれば何でもいいというわけではありません。

 

私の場合、市販の白髪染めを使った後は、髪がパサつくだけではなく、染まりすぎて不自然+ずっしり思い印象になってしまう経験をしました(不健康な髪…という感じです)。

 

自然に染めたいと思って放置時間を短くすれば、白髪の染まり具合が悪くなる…。周囲には『いかにも染めました』みたいな印象を与えてしまい、どちらかのデメリットを取らなければならない…といった状態。

 

パサつきや不自然な髪も白髪が染まればいい…という人もいるかもしれませんが、いずれにしても低刺激で髪へのダメージを抑える白髪染めの方が良いのではないかと思うわけです。