白髪染め 失敗

白髪染めで失敗しない為にはどうすれば!?

白髪を染める商品はたくさんあるので、自分に合った白髪染めを見つけるのは案外難しいものです。ある程度満足できるならまだしも、「二度と使いたくない」と思うような失敗だけはしたくないもの。そんな失敗をしたことのある私が、失敗をしない為のポイントについてまとめてみました。

 

 

■ 返金保証のある商品を使う
白髪染めと言えば、市販のものは1回1,000円程度が相場でしたが、最近の白髪染めは結構高くなっています。ただ、複数回使えるものもあるので、そう考えるとお得ではあるかもしれませんが、実際に使ってみて自分に合わなかった時、その代金が返ってこないというのは精神的なダメージが大きいです。返金保証があるということは、商品を開発しているメーカー側としても、ある程度の自信を持って販売していることが多い(そうじゃないと赤字になるので)とも言えますし、調べてみると返金保証を実施している商品は結構多いです。ダメ元で使ってみるというと言い方が悪いかもしれませんが、使ったことがない商品を使うわけですから、返金保証の有無は結構重要だと思います。

 

 

■ 髪のダメージへのケア
白髪染め=髪が傷むというのは過去のことなのかもしれません。最近の白髪染めは、髪へのダメージを最小にする為に、色々な工夫がされています。髪へのダメージを防ぐ試みがされているか否か…これって結構大切ではないかと。白髪が染まらないだけであれば、まだいいですが、染まらない上に髪がパサパサになった…なんていうことになるのは「失敗」そのものと言えますよね。ちなみに、ダメージが高いとされる市販の白髪染めにも、ダメージケアについて書かれている商品がありますが、至って抽象的な表現で信ぴょう性にかけるものが多いように感じます。どんな成分を配合し、白髪染めを作る過程でどんな処置を施したので、ダメージが抑えられるか…。そんな具体的なケアについて説明されている商品を選ぶのが失敗しないポイントと言えるのではないかと…。

 

 

■ 使用頻度と所要時間、染まり具合
白髪染めを使う目的は、白髪を染めたいから…と当たり前のことを書いてしまいましたが、価格やその他の要因を見ていると、ついつい目的を忘れて、ハズレを引いてしまう可能性もあります。自宅で白髪を染めるのは簡単だからであり、1回の染色に時間がかかったり、染める頻度が高かったりすると、逆にストレスになってしまう可能性は高いです。どんなに白髪を染めても、髪が伸びてくれば白髪を染めなくてはならないわけで、その時に手間がかかるようでは意味がありません。どのくらいの頻度で使用すればよくて、1回の染色に何分かかるのか…、そしてどの程度染まるのかは、失敗しない為に把握しておくべきかと思います。

 

>>オススメの商品一覧はコチラ